ビジネスで印象を決める服装

服装で個性を表現するという方も多くいますが、ビジネスの面ではその個性がマイナスに働いてしまうこともあるので注意が必要です。特に目上の方に会いに行く場合などは、最初にあったときの服装のイメージというのは後々までついて回ることにもなるので気をつけましょう。まずビジネスでの服装で気をつけたいマナーとしては、派手になりすぎないということが大切です。男性の場合はスーツも落ち着いた色のものを選んだほうが無難ですし、ネクタイも最初はスーツにあった明るめの色のものを選びましょう。ネクタイも近年ではキャラクターものなどおもしろいガラのものなどもありますが、そういったものは自分がどういった人間なのかがわかっている人に向けて、話題のネタとして利用する方が無難といえます。女性の場合は派手なアクセサリーなどはつけないようにする方がいいでしょう。ワンポイントでネックレスやピアスなどをつけてもいいですが、ビジネスの場合では場に合わせてあまり目立たない物を身につけておいた方がマナーとしても良い印象を持たれます。男女ともに気をつけたい服装のマナーとしては、ブランド物などを前面に押し出しているようなアイテムはあまり使わない方がいいといえます。

↑PAGE TOP